Home> ネコアーカイブ

ネコの最近のブログ記事

ブログ初デビューでしょうか

我が家の「はっちゃん」です。
本名は「八兵衛」です。
いわずとしれた黄門さまに従う食いしん坊の「うっかり八兵衛」からいただきました。
先先代の猫ちゃんが♀の「ナナ」ちゃんでしたので「はっちゃん♂」となりました。
食いしん坊であるがゆえにかなり重量級です。
ボクシングでいえばミドル級くらいでしょうか。
なるべくヘビー級にならないように気を付けてはいるのですが、かなり重いです。
sP2040021.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

落っこちないでね

2013.12.24shirochan1.jpg

猫用の自宅ベランダからの外出用の「でっぱり」は、やはり見晴らしが良いようで、時々たたずんでいます。

2013.12.24shiro2.jpg

ちょっとりりしい顔です。でも女子です。(こんな表現は猫に使ってもいいのでしょうか?)
子供のころは頭にピースサインがあったのですが、今では汚れてなければほとんど真っ白です。
下は3か月の頃の写真です。
名前は「ピース」のはずでしたが、結局「シロちゃん」になってしまいました。

s20120202 017.jpg


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

先日、岩合さんのテレビを見ながら

我が家の猫は結構楽しんでいます。

sテレビの中の猫と (1).jpg

「でっかくてこわいにゃー」

sテレビの中の猫と (6).jpg

「何か食べてるにゃー」

sテレビの中の猫と (9).jpg

「あーー遠くに行っちゃったにゃー」

sテレビの中の猫と (12).jpg

恐る恐る触ってみた

sテレビの中の猫と (13).jpg

「なんで触れないのかにゃー???」

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

トートットー?

s-20120212 006.jpg

 

「トートットー?」というので

「トットッーヨー」というと

「トットト・撮ットーヨー」と訳のわからない会話をしておりました。

カーサンの遺伝子をいっぱい受け継いだキジトラニャンコと

トーサンの遺伝子をいっぱい受け継いだらしい白ニャンコは

草むらで仲良く日なたぼっこをしていたのでありました。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

仔猫たち

s-20120201.jpg

仔猫たちもだいぶ馴れてきているのですが、まだ充分に触ることが出来ません。

白くて頭のてっぺんでピースサインを出している方が「ピース」、奥の臆病な方が「チキ」

両方とも♀です。

少し大きくなってからの野良ちゃんは、なかなかなつきません。

でも2匹が仲良くしているのを見ていると癒されます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

なつかない野良子供ちゃん

s-20111214 006.jpg

 

野良子猫ちゃんですが、親がなつかないため子供もなかなかなつきません。

餌で釣ってはいますが、まだ触ることも出来ないんです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

エビゾーか!

s-ebizo.jpg

左目がエビゾーか!と突っ込みを入れたくなるような顔になってしまいました。

テキーラやシャンパンを飲みすぎて野良ちゃんと喧嘩したわけではなく、

汚い手で目をこすりすぎたせいだとは思うのですが、ちゃんと開きません。。。

でもって、「ニャンともありません」と申しておりました(=^・^=)

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

猫の話ばかりで・・・

  s-10100121 003.jpg

s-10100121 004.jpg

猫の話題が続きますが、ちょうどカメラを持って表にいた時、猫専用階段を下りてくるところに出くわしました。

年のせいでしょうか?^^意外にもゆっくりと一歩一歩降りていました。もっと素早く降りたり、登ったりしていると思ったのですが・・・今までは壁ずたいにドサッと降りていたのですが、それと比べればだいぶ楽になったと思います。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ビフォー・アフター

 s-10100115.jpg

 s-10100119 003.jpg

何ということでしょう。

おばあちゃん猫の暖房は猫用ベッドの中に敷かれたペット用ホットパネルと

上からかぶせられた人間用足元暖房器具をダブルで使用するという不恰好で、

反省エネで数日前に始めたにもかかわらず、取り扱い不便なものであったのです。

何ということでしょう。

匠がインターネットで「猫・コタツ」と検索すると、・ドギーマンハヤシのペット用夢コタツ

なるものが、あるではありませんか。

 空間の魔術師・匠は早速ドギーマンハヤシのペット用夢コタツを導入したのでした。

可愛らしい花柄模様の小さなコタツは中が31℃ほどに保たれ、熱からず寒からず、おばあちゃん猫は早速中へ入ってみて、

「これはいいニャーーー」と言って、夢心地になったのでした。^^

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

猫の暖房

s-10100115.jpg

年寄り猫には最近の寒さはこたえると見えて、寒そうにしていたので暖房を増やしてやりました。

この猫用ベッドの中には実はペット用のホットカーペットが入っているのですが、どうもそれだけでは寒いらしいので、人間用の机の下などで足元を温める暖房器具をかぶせてやりました。上下からの暖房なので完璧です。

机の下などでは衝立状にして使うものですが、妻がパソコンなどをやる時のために買ったものですが、猫に取られてしまったというわけです。この写真では間違って裏向きにかぶせてしまっています。それでもホンワリ暖かく、眠そうにしています。

鼻の傷は野良ちゃんに引っかかれた傷です。「野良ちゃんは、この寒空の下で表にいるんだぞ!だからいじめるんじゃない!」と説教するのですが、「猫の耳に念仏」のようです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

やっと最近・・・。

s-10100108 001.jpg

猫専用の出入り口が1m2、30cmほどの高さのところにあるため、年寄り猫には飛び上がれなくなってしまったことは、以前このブログに書いた。

http://www.caypoint.com/blog/2009/05/post-75.html

あれから早8ヶ月、やっとやっと猫専用外階段を最近使うようになったのだ。

いいかげん使わないので取り外してしまおうか、とも考えていたのだが・・・。

趣味の夜遊びに出かける時、窓を少し開けておくか最近は寒いので窓を閉めカーテンを開けて、外から「開けてくれニャーー」というのを待つことにしていた。

ところが私が「開けてくれニャーー」という声を聞き漏らしたらしく、知らない間にどこも締め切っていたにもかかわらず家の中に入ってきていた。

おーおーいい子だ、いい子だと褒めるところ、おーおーいいばあちゃんだ、いいばあちゃんだ、と褒めたことはいうまでもない。。。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

猫の手

s-091229.jpg

今年も残すところあと2日となってしまいました。

年末はどこも忙しいのだからお前の手を貸してくれというと、「ヤダニャーン」といって

日がな日向ぼっこをしながら、自分の手をペロペロしているのでありました。

今度生まれてくるときは、私も猫になりたいと思う今日この頃です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

久しぶりの段ボールで

s-090701 001.jpg

我が家の後期高齢猫はこの梅雨の時期の天気の悪さもあるのですが、家で寝ていることが多く、さすがに暇を持て余しているようです。

子供のころのように段ボール箱で興奮することもないのですが、きっとなんとなく懐かしく心落ち着くのでしょう。久しぶりの段ボールが気に入ったようでしたので、もっと大きいのを出してやったら、1日中、箱の中で寝ておりました。

最近みた動画ですが、これには思わず大笑いをしてしまいました。

http://www.youtube.com/watch?v=rHZUPJji6w8&feature=channel

もちろん、うちの猫ではありません。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

猫階段その後

s-09510.jpg数日前に書いた猫専用外階段だが、一向に使おうとしない。

猫は大体が臆病で慎重な動物だが歳を取ってくると余計にそうなのかもしれない。

一見この階段も不安定に見えるけれど、コンクリートにドリルで穴をあけネジで留めてあるので意外としっかりしていてグラグラすることもなく固定されている。

s-0915.jpg

捕まえて階段を使わせようとすると半分嬉しそうに抵抗するのだ。

ついには座り込んで「ヤダモンネ。ツカワナイモンネ。」と言うのでありました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

猫(=^・^=)専用外階段

s-09510.jpg

 今日は、ありあわせの材料で猫のために階段を作った。

普段の昼間は自由に自宅と外を出入りしているのだが、夜は閉め切ってしまうので、猫専用の出入り口を使っていた。

しかし、専用出入り口が高いところにあるので、歳を取ってきた我が家の猫は帰ってくる時に飛び上がることが出来なくなってしまった。そこで専用外階段というわけだが。

ためしに、使わせようとすると途中から飛び降りたり、階段を使わずに飛び降りたりする。

しばらく様子を見るしかないようだ。

苦労して作ったんだから、使ってくれよなーーー。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

牡蠣食えば 猫がなくなり ちょっとだけよ

catoister.jpg 鍋の季節が終わると牡蠣を食べることも少なくなる我が家ですが、今日は花冷えというのでしょうか午前中雨が降り肌寒い一日でしたので夕食は牡蠣鍋でした。

 それほど好物でもないくせに「カーキーカーキー」と、このおばあちゃまがなくのであります。
おまけにあのプックラとしたところだけを食べ、黒いところは食べないのです。
それでも我が家の後期高齢者なので許してやることにしています。

北海道だったか、三陸だったか「カキ小屋」とかいうところで、デッカイ鉄板にスコップで牡蠣をザバーーーとのっけて殻ごと焼いて、ガフガフガフと食べてみたいです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

うららかな春の日は昼寝

hirune.jpg
14才のおばあちゃん猫は陽のあたる窓辺でもっぱら昼寝が楽しみのようです。



sokuonnki.jpg

この間までは妻と足温器を取り合っておりました。
(=^・^=)ゼーーッタイドカナイモンネ
と、言っておりました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お詫びと訂正

 nana.measure.jpgこの前のナナのプロフィールについて、記載された3サイズはデタラメダとの抗議が本人(猫)からありました。「そんなメタボ猫ではない」とのことで、それならばということでメジャーで測りました。なるほど38cmでした。

 ズンドーであることには異議はないようなので改めて3サイズは38cm38cm38cmと改めさせていただきます。人間のおもちゃにされている全国の猫の皆さまにお詫び申し上げます。

 日一日と春めく今日この頃ですが、この頃になると全国の猫たちは夜な夜なピンキラの「恋の季節」(古ッ)などを口ずさみながら街を徘徊します。
 ですが、我が家のベランダの下のほうから「フガーオーー」などと野太い声でロミオとジュリエットじゃあるまいし呼びかけるのはやめていただきたい、と強く思うのです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

3番目の家族・ナナ

nana2.jpg

プロフィール
年齢:14才・独身・♀
出身:南伊豆町伊浜
3サイズ:50cm・50cm・50cm
趣味:夜遊び
特技:猫なで声をだすこと
好きな食べ物:マグロ、ホタテ、カリカリ(11才以上用)
嫌いな食べ物:猫缶
最近困っていること:だんだん猫背になってきたこと
マイブーム:地デジで鳥を見ること

 


 

 


 

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home> ネコアーカイブ

購読

Return to page top